複数社同時はむしろ不利になるので注意

どうしてもお金を借りる必要がある場合だと、何としてもキャッシングの審査には通過しなければならないと考えて、一度に複数社に申し込みをかけてしまいたくなるかもしれません。

 

そうすれば、仮に何社か落ちたとしてもどこかで通るのではないかと思ってしまいますが、そのような複数社同時審査はむしろ不利になるのでやめておいた方がいいでしょう。

 

審査の申し込みをすると

キャッシングで申し込みをすると、対応可能な時間ならばすぐに審査が始まります。インターネットの申し込みだと24時間可能なので、夜中でも申し込みができますが、審査自体は夜中には行えませんので営業開始後になります。キャッシングの審査でどのような事をするかというと、まずは本人確認と職場への在籍確認の電話があります。

 

コンピューターでは申し込み内容に記載されている本人の属性に対して自動的にスコア化されたものが算出されます。そして、国内に3つの機関がある個人信用情報機関へ照会が行われます。個人信用情報機関には、個人の氏名、住所、勤務先などの属性と、過去のローンのやクレジットの利用状況と返済実績などが記録されていて、過去5年にさかのぼって確認する事ができます。この記録の中には、融資の審査を受けた記録もその結果にかかわらず記録されて半年程度その情報も保管される事になります。

 

複数社同時審査をすると

複数社同時に審査を依頼する事はもちろん可能ですが、それによってどのような事になるかといえば、先に述べたように個人信用情報機関に審査記録が残りますので、同じ日に他社でも審査を受けているんだという事が調べればわかります。

 

融資は信用で成り立っていますので、返済能力の有無はとても重要になります。複数社同時に審査を申し込むという事は、かなりお金に困っているのではないかという印象をキャッシング会社側に与える事になってしまいます。また、審査に関して何か不安要素があるからこそ同時に複数社に申し込みをしているとも思われてしまいます。

 

信用情報を見れば他社での借金額や月々の返済実績も全て把握できますので、そのあたりの事も踏まえて総合的に判断される事になるでしょう。キャッシングを利用するという事は、お金に少なからず困ってはいる状態なのは承知しているでしょうが、返済にも困るほどにお金に困っている人に貸す事は大きなリスクになってしまうので危険と見なされてしまいかねません。

 

同時に申し込まなければ大丈夫か

キャッシングの審査に一度落ちてしまったので、また次のキャッシング会社で審査を受ける場合もあるかもしれません。その場合、すでに一社目で審査に落ちてしまっている事実が残っていますので、それだけでも不利になってしまいます。

 

審査に落ちた原因については、利用者側は知る事ができません。原因として考えられる事はいくつかあり、勤務先の確認がとれなかったり、収入に対しての希望限度額が高すぎたり、最悪の場合には過去に金融事故を起こしている事が信用情報で確認されたなど色々とあります。

 

もしも信用情報に金融事故が記録されている状態なのであれば、どんなに審査を繰り返し受けたとしても融資は不可能です。もしもどうしてももう一度審査を受けたいというのであれば、2社目に留めておく方がいいでしょう。
2社とも審査に通らないようであれば、当面融資は諦めるしかありません。

 

審査記録は半年で消えますので、次に審査を受ける時期は記録が消えた後にしましょう。信用情報は本人ももちろん見る事ができるものですので、もし自分の信用情報がどうなっているのか知りたいのであれば、開示請求をして内容を確認してみてもいいかもしれません。

 

信用情報を調査しない貸金業者もある

大手消費者金融や銀行などであれば、信用情報は必ず調べます。そして、融資を行う信用に足らない状況であれば容赦なく断られてしまいます。厳しいかもしれませんがそのように審査する事は、その後返済をしていかなければならない本人の為にもなりますし、会社も回収不能リスクを避ける事ができますので

 

貸金業者も色々とあって、テレビで大々的にコマーシャルを出しているような誰もが知っている金融業者もあれば、かなりの小規模で営業しているような業者も存在しています。中には信用情報の照会はしないで、自社独自の審査をするという事で顧客を集める業者もあります。

 

信用情報を確認しないという事は、過去に金融事故を起こしていわば「ブラック」の状態の人でもお金を借りられるかもしれないという事です。本当に困っている時にはどんな融資でもいいのでとにかく借りたいと思ってしまい、つい利用したくなってしまうかもしれませんが、そのような業者は健全な業者とは言えない場合が多く、利用は非常に危険です。

 

そもそも普通の金融業者で借り入れができない状況なので、それ以上借金をしても返済していく事はとても難しくなってしまう恐れがあります。どのような理由でお金が必要になるのかはその人によってまちまちですが、無理をしてまで借金をするのは危険な事なので、どうしても駄目ならばまずは生活を見直す事も必要かもしれません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日