返済態度が悪いと審査に影響します。

審査に落ちてしまうはずがないのに、審査に落ちてしまった場合は何故、審査に落ちたのかをよく考えてみる必要があります。理由も分からずに、別のキャッシング会社に申し込んで再び落ちてしまったら時間の無駄ですよね。

 

キャッシング申し込みは初めてなのに何故?

キャッシング申し込みの際には、信用情報機関に照会をして、過去に事故情報となるような重大な滞納などを繰り返していないかを確認します。信用情報機関では、キャッシングだけでなく、クレジットカードなどの申し込み・返済履歴についても見ることとができます。信用情報機関に加盟している企業がお互いに情報を登録・照会できるようにして、悪質な滞納者の申し込みを防ぐようにしています。

 

公共料金の支払いをクレジットカードにしている

公共料金の支払いを繰り返し滞納していることが判明してしまうと、申し込み者としては、「返済が遅くなっただけで支払った」と、思っていてもキャッシング会社測としては「支払いにルーズ」「返済能力に欠ける」「信用度が下がる」などと判断する材料として見られてしまいます。

 

携帯やスマホの支払い

毎月の携帯の月額量や、スマホ本体の支払いなどをクレジットカードで支払っている際に、滞納を繰り返しているのも心証を悪くする要因となります。自分では、支払う気持ちがあり、踏み倒すきもちなど微塵もなかったとしても、キャッシング会社測としては「悪質」「だらしない」携帯の利用を止められる度に電話をして、早く利用可能にしろと我儘を通す悪質な顧客かもしれないなどと、見られがちです。

 

奨学金の滞納

奨学金制度を利用していると、真面目で頑張っているイメージがありますが、やはり奨学金といえども返済が滞っていると、「確信的に繰り返している」「少し遅れても大丈夫と思っている」「甘えが見え隠れしている」と、判断されてしまいます。返済する気持ちがあっても、結果として滞納を繰り返していると審査に影響を及ぼしてしまいます。

 

クレジットヒストリーを積み上げる

キャッシングの審査では、借り入れ履歴のない方よりも借り入れ実績のある方の方が評価されます。例えば、住宅ローンなどの借り入れ金額の高い商品の借り入れがある場合は、それだけ大きな借り入れの審査に通ったということや、持ち家があるといった点で社会的信用や、返済能力が高いと判断されます。また、クレジットカードの利用歴で、返済遅延や滞納が無く、返済と借り入れを定期的に繰り返している方も高く評価されます。

 

信用度を上げるにはクレジットヒストリー

雇用形態や年収をいきなり属性の高いものに変えるのは難しいですが。クレジットカードの返済を真面目に積み上げていくことで、キャッシングの審査の心証を上げるという方法であれば、誰でも始めることができます。但し、最低でも1年間の利用実績を作る必要があります。1年間1度も返済遅延や滞納を起こさずに真面目に返済をしているという実績を残すことができれば、かなり審査の上で有利に働きます。

 

カードは作り過ぎないこと

クレジットカードは、2枚〜3枚で十分です。不必要に多く契約していると、審査で怪しまれます。使っていないカードは、速やかに解約しておきましょう。クレジットカードは、限度額の2割〜3割を継続して使い続けることがスコアアップのポイントと言われています。特に、短期間のうちに複数のカードを申し込むと、多重申し込みと判断されて心証が悪くなりますし、半年間信用情報機関に申し込み情報が登録されて、登録機関のクレジットカード申し込みができなくなってしまいますので気を付けましょう。

 

その他の気を付けておきたいこと

属性が高い人とは、雇用形態(正社員・公務員など)、年収、勤続年数(最低でも半年は必要)、他社借り入れが無い、事故情報が登録されていないといった人が対象となります。他にも、持ち家かどうか、家族構成(既婚か独身か)なども審査に関わってきます。そして、他社からの借り入れ残高は、金銭的に困っているとみなされて、審査のスコアが低くなってしまいます。それに、金利の低い銀行の借り入れができなかったから、キャッシングに手を出しているのかもしれないと、思われてしまいがちです。特に、他社からの借り入れを返済するためにキャッシング申し込みをしようとしている多重債務者を避けたいのです。

 

審査結果が早く来る

また、審査結果がやたらと早いうえに審査に落ちた場合は、過去のクレジットカードの返済状況などに問題があった可能性が高いです。逆に、審査に時間がかかっている場合は、いろいろ調査した結果審査に通過したという場合が多いようです。

 

プロミスやアコムなどは、審査が早くて有名ですが、審査の遅い銀行のカードローンで審査に落ちましたと早い段階で連絡がきた場合は、信用情報機関にコンピューターで照会して何か事故情報が見つかったなどということが考えられます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日