銀行系カードローンでおまとめローンを利用してみましょう

おまとめローンの利用を考えているのなら、「おまとめ・借り換えOK」としっかり明記している銀行系カードローンをまず探してみましょう。もちろんこういうことが明記されていないカードローンが悪い訳ではありませんけど、しっかり明記してある金融機関と比べるとどうしても審査の通りやすさが違うみたいなのです。

 

お勧めの銀行系カードローンはどれ?

では「おまとめ・借り換えOK」と明記してある銀行系カードローンを実際に探してみましょう。そうするとイオン銀行カードローン、楽天銀行カードローン、そしてオリックス銀行カードローンなどを探し当てるはずです。これらの銀行系カードローンの場合、公式サイト上で明確に「おまとめ・借り換えOK」と記載してますので、おまとめローンの申し込みの場合であっても他の銀行系カードローンより審査に通りやすいと言えます。

 

参考:金利の低いカードローン比較表

 

では他の銀行系カードローンの場合はどうなのか?もちろんその他の銀行系カードローンであっても、おまとめ目的で審査を受けることができるはずです。でもおまとめローンの場合どうしても審査に手間と時間が掛かりますので、銀行によってはできる限り受けたくないというところもあるのです。当然表だっておまとめローン不可と明示する金融機関はまずありませんが。

 

おまとめローンが銀行のリスクになる可能性も

おまとめローンは、金融機関側にとってメリットが多い商品とも言えます。なぜなら、借入先を一本化することによって、自社の売り上げが伸びるとともに、同業者の売り上げを奪うことになるからです。でも当然メリットだけでなくデメリットも存在します。いわゆる「貸し倒れ」というものです。たくさんのところから借入するということはその時点で多重債務者であることになります。つまりおまとめローンはその多重債務者に大量のお金を貸すのですから、当然逃げられたりしたら、それだけ大きい損失を出してしまうことになるのです。こういうリスクを伴ってしまうので、メリットがあるのがわかっていても金融機関によってはおまとめローンに消極的になってしまうのです。

 

借入先が少ないことが信用度を高める

借入先が少ないということは、そのまま信用度が高いという風に評価されます。たとえ借入総額ば莫大であっても、借入先が少ないということは、貸出先がそれだけ信用していることになります。つまり貸している金融機関が負っているリスク=信用という数式が成り立つのです。そのため、一般的なキャッシングの審査であっても借入総額よりも借入件数の方が重視されるようになっているのです。こういう事情があるため、金融機関によっては多重債務をひとつにまとめるおまとめローンを積極的に押せないのです。

 

消費者金融の中からチョイスするならどこ?

銀行系カードローンの場合は「おまとめ・借り換えOK」という表現方法を用いますけど、消費者金融だったらそんな表現をせず、「おまとめローン専用」としっかりおまとめローンをメインに据えたものを設けています。消費者金融大手でいうと、アイフル・アコム・プロミスにありますね。

 

アイフルなら「おまとめMAX」、アコムなら「貸金業法に基づく借換え専用ローン」、そしてプロミスなら「おまとめローン」という名称となっています。この中だとアコムの名称がちょっと仰々しい感じがしますけど、一応おまとめローンだと理解できます。でももっと多くの人に使ってもらいたいならもう少しわかりやすい名前にした方がよいと思いますけど。

 

気になるおまとめローンの金利の比較

アイフル、アコム、そしてプロミスのおまとめローンの金利を見てみると、

  • アイフル:12.0%から15.0%
  • アコム:7.7%から18.0%
  • プロミス:6.3%から17.8%

となっています。

 

上限金利だけで比較すると一番安い金利なのがアイフルです。上限金利の安さはそのまま「借入金額が少ない時はアイフルの金利が最も安い」ことになります。その一方下限金利の方はプロミスが一番低いようです。下限金利は「借入金額が多い時はプロミスが一番お得」ということになります。いくら借入するかによって上手く活用すべきですね。

 

アイフル、プロミスと比べるとアコムがちょっと中途半端な感じがします。上限金利は最も高いのに、下限金利が一番安い訳でもない。そのため今までアコムと取引がある場合を除いてアコムを利用する積極的な理由はありません。でも今まで取引があるのなら、手続き的に有利となりますので、アコムをそのまま利用するのが良いと思います。

 

お勧めはプロミス

おまとめローンを利用する場合、その金額は大きくなるはずです。最低でも100万円を超える場合が普通でしょう。上記3社が実際どれくらいの金利を課してくるか、個人の信用度によって金利が上下しますので正確にはわかりません。

 

そのためプロミスのおまとめローンより、アイフルのおまとめローンの方が金利が安くなることだって当然ありえます。ただ下限金利にかなりの差があり、プロミス、アイフルともに最大貸出額が300万円となっている以上、おそらく100万円を超えた場合にはプロミスの方が金利が安くなっていることが想定できます。そのため100万円を超える場合にはプロミスのおまとめローンの方をお勧めします。

 

プロミス


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日