キャッシングに申し込む前の会社分析

信販系、銀行系、正規の銀行のキャッシング形態はまったく違うことをご存知でしたか?自分の状況や借入をしたいパターンを知っておくことで、最適なキャッシングを発見できれば幸いです。

 

キャッシングを提供している会社については、大きく分けて3種類のキャッシングに分かれています。

 

すぐに借入れできるおすすめのキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

銀行キャッシング

銀行が母体のキャッシングです。運営も銀行ですので、信頼感は抜群です。広告やCMを打っているため、当たり前に持っていても不思議ではない状況です。銀行キャッシングの大きな特徴としては、100万円までなら所得証明書が要らないという銀行キャッシングもあるので、借りやすいということが一番の魅力かもしれません。地銀も含め、銀行キャッシングはかなりの数がキャッシングサービスを提供しています。

 

消費者金融

アコムなどの消費者金融も銀行系のキャッシングということは知られてきましたが、銀行キャッシングと銀行系キャッシングは言葉の違いだけではなく、別物ということを覚えておいてください。

 

信販系キャッシング

いわゆるクレジットカード会社が提供しているキャッシングサービスのことです。サラリーマンの場合、信販系なら800万円までなどという多額の金額を貸し出してしまうことで知られています。

 

各社の違いについて

これら3社は何が違うのかというと、「総量規制の対象」になっているか、そうでないかで分けられます。総量規制とは、借りる側の年収の3分の1以上はお金を貸せないということが法律で決まっていますが、銀行のキャッシングはこれに該当しません。

 

なお、銀行系キャッシングはこれに該当します。ただ、総量規制対象外だからといって審査が緩いというわけではなく、銀行はそのぶん、審査に厳しく、多額のお金を借入するということはできませんので、総量規制がなくても変わりはないということになります。

 

ここで、簡単に各社の違いをご説明すると

  1. 銀行キャッシング:審査が遅めで低金利。しかしサービス内容は限られている。
  2. 銀行系キャッシング:銀行と比較して金利は高め。だがサービスが充実しており、無利息期間のサービスや即日融資など、多彩なサービスが目を引く。
  3. 信販系キャッシング:性質的には銀行系に近いものの、そちらが本業ではないので、全体的に劣る。

 

しかし、信販系には銀行や銀行系で多重債務になっている人がそちらに流れることもあり、審査が緩い場合もあります。特に事情がない場合は、銀行か銀行系のキャッシング会社からお金を借りることをおすすめします。気をつけておいていただきたいのは、複数申し込みです。

 

申し込みを同時に3社以上行ってしまうと、「そんなにお金に困っているのか」と受け取られ、ブラックリストに載ってしまう場合もあるようです。いわゆる「申し込みブラック」というものです。これは一定期間経つと消えますが、わざわざ載るようなことをせず、最初からきちんとした申し込みをするようにしましょう。

 

  • 提供会社は銀行、銀行系、信販系の3種類がある
  • 各社の違いは総量規制があるかないか
  • 申し込みを連続して行うのは印象が悪いだけなので止める

 

まとめ

各社の分類は以上です。ほとんどの方は銀行のキャッシングを選ぶかもしれませんが、選択肢は多いほうがいいです。そして一長一短があるということも忘れずに、申し込みブラックに載らないように、気を使って申し込んでください。

審査が緩めといわれる消費者金融系カードローン

今すぐにでもお金を借りたいならば、消費者金融のカードローンに申し込むことをおすすめします。消費者金融系なら50万円以下の少額融資ならメリットが大きいので、おすすめします。

 

消費者金融で少額融資を希望するメリット

 

  • 収入証明書不要
  • 無担保
  • 審査時間の短さ
  • 最短で当日中に借入が可能

 

CMを打っている消費者金融は大手の会社が多いので、信用性も高く、銀行とも提携している場合が多いので、倒産の不安がなく、資金に関してはまず心配することはありません。

 

本当に融資は簡単なのか?

消費者金融は年齢制限、安定収入、必要書類の3つのポイントをクリアしていれば融資可能となっています。書類は本人確認書類のみですし、これらを画像添付という形で金融会社に送付し、申し込むことで審査を受け、審査結果が合格ならばカードローンが可能になります。

 

50万円以上の枠になると収入証明書の提出が必要な場合も

借入額が50万円以上を希望すると、収入証明書の提出を求められることがあります。書類は給与明細書、源泉徴収票、確定申告書、所得証明書、課税証明書などとなっており、これら1点を提出ことが多いです。しかし、偽造書類を提出するなどということは犯罪ですので絶対にやめましょう。

 

少額融資の場合は自己申告でよいがウソはダメ!

消費者金融というのは自己申告でOkな部分がかなりありますが、申込書には、「属性」という項目があります。これは自分の住居環境であったり、収入欄であったりまちまちですが、ここの属性欄は審査においてとても大事なので、ウソを書くのはやめましょう。

 

自営業者の場合、申告は多い年を基準にして書くということもあります。自営の場合には収入がいつも安定しているというわけではなく、月によってまちまちですから、こういった書き方をして、書類審査を通りやすくするということもありますが、50万円以下の借入ならば所得の低さが相当でなければ普通は通りますので、あまり不安になる必要はないでしょう。消費者金融は近年になって「初回無利息サービス」など、手厚いサービスを提供している消費者金融会社があります。これは決められた期間、申し込みをして暫くの間は無利息という期間がありますので、そういったサービスを利用してキャッシングを利用するのもよいでしょう。

 

また、ネットから申し込めば短い時間で審査が終了します。最短で30分ほどで結果が出るので、すぐにお金を借りたい人には持って来いのサービスなのですが、総量規制がありますので、年収の3分の1以上は借りられませんので、3分の1に引っかからないように注意して審査申し込みをするようにしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日